こんにちは😃

シリーズでお伝えしている「ただ一つの願い4」

となりました。

私達の願い、二つ目は、ぶどうの木にしっかり

繋がる事です。


2. ぶどうの木につながる。

・ヨハネの福音書 15章5節

"わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。
人がわたしにとどまり、わたしもその人の中に
とどまっているなら、そういう人は多くの

実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは
何もすることができないからです。"


人は、イエス様なしに何もできないことを

認めること、自覚することが重要です。

イエス様なしに何か自分がやった、自分が

できるという間違った意識から解き放たれる

必要があります。

イエス様により頼まなければ、何もできない

という本質に戻ることが、求められています。


私達が、ただ一つの事、神様を追い求める時

正しく考え、正しく行動します。

人は、多くの間違い、多くの自己解釈の

自己中心の罪の性質を持っています。

ですから、神様を知らないと、自分の

欲望に身を任せ、いろんな間違った行動

しくじりの人生を歩んでしまいます。

クリスチャンでも、神様の愛をいつも

体験していないと、みことばを自己解釈して

道を踏み外してしまいます。


・ヨハネの黙示録 2章3~5節

"あなたはよく忍耐して、わたしの名

のために耐え忍び、疲れたことがなかった。

しかし、あなたには非難すべきことがある。

あなたは初めの愛から離れてしまった。

それで、あなたは、どこから落ちたかを

思い出し、悔い改めて、初めの行いをしなさい。

もしそうでなく、悔い改めることをしないならば、

わたしは、あなたのところに行って、

あなたの燭台をその置かれた所から

取りはずしてしまおう。"


イエス様を信じるとは、愛に溢れ、自由であり、
柔らかい心です。

私達は、ただ一つ神様の御顔を慕い求める

その事に集中できるように祈りましょう!


次回が、「ただ一つの願い」最後です。